Mavic Air 2 Fly More Combo (JP)

ソフトウェア

Mavic Air 2 Fly More Combo (JP)
商品名:Mavic Air 2 Fly More Combo (JP)
JANコード:6958265100390
価格:132,000
もちろん溜まった楽天ポイントで購入も可能です。

パワフルさと携帯性を兼ね備え、さらに進化したMavic Air 2は、そのコンパクトなボディに最先端の機能を多数搭載。
インテリジェント撮影機能や優れた映像クオリティで、息を呑むような空撮をあなた自身の手で撮影できます。
創作プロセスを楽しみながら、より安全に、よりスマートに、次なる世界へ飛び立とう。
素晴らしい映像を、あなたの手で 滑らかな4K/60fps動画撮影を手軽に行えるため、創造性溢れる空撮が可能です。
D-Cinelikeフラットカラープロファイルを採用し、後処理用に使用する詳細な画像情報を保持します。
HEVC (H.265)動画コーデックは、より膨大な画像情報を、より少ない容量で記録します。
また、映像のダイナミックレンジと共にディテールまで保持するため、上質なコンテンツを作成できます。
多彩なディテールを手軽に再現 HDR動画が素晴らしい理由は、高性能クアッドベイヤー配列を採用したイメージセンサーにあります。
シングルフレームでそれぞれ異なるエリアに露光レベルを分け、明暗部のディテールを正確に捉えます。
イメージは多層化され、より広いダイナミックレンジで、色彩豊かでバランスのとれた美しい映像を生み出します。
細部まで鮮明に 1/2インチCMOSセンサーを使用するので、Mavic Air 2は印象に残る48 MPの写真を撮影できます。
さあ、旅に出て、さらにレベルアップした空撮作品を撮影しましょう。
最適化された撮影機能 Mavic Air 2に搭載された新機能スマートフォトは、最適な効果を得るため、シーン認識/ハイパーライト/HDRを1つのモードに統合した機能です。
シーン認識は、様々なカメラパラメーターをそれぞれのシーンに合わせて最適化し、夕焼け/空/草地/雪/森林の5つのカテゴリーのインテリジェント認識機能に対応しています。
[1] 全景を、一枚のフレームに Mavic Air 2には、DJI製品の中で最先端のパノラマモードを搭載。
より広いダイナミックレンジを実現し、鮮明な色合いを忠実に再現します。
カメラ Mavic Air 2は、クアッドベイヤー配列を採用したイメージセンサーを搭載。
これにより、ダイナミックレンジは広がり、色感度の高い撮影を実現します。
スタビライズ機構 進化した3軸ジンバルにより、どんな場合でも安定した撮影が可能。
強風条件下でも、信頼性の高い写真や動画の撮影ができます Spotlight 2.0 このモードでは、カメラを被写体にロックオンさせたまま自由に飛行できるので、非常に便利です。
被写体を選択して飛び立つだけで、あとはMavic Air 2にお任せできます。
ActiveTrack 3.0 最先端のDJI アクティブトラック技術により、障害物を避けながら、かつてないほどスムーズに被写体を追いかけます。
誘導機能が進化し、見失った被写体もより迅速かつ正確に予測できるため、たとえ被写体が木の背後を移動したとしても、被写体をフレームの中心に捉え続けます。
POI 3.0 Point of Interest (POI)の機能がさらに進化し、POI 3.0にバージョンアップ。
特に平面認識の機能が改善されています。
従来であれば追跡中に被写体を見失う可能性のある場所でも、POI 3.0では問題ありません。
また、POI 3.0では、人、車、ボートなど動いている被写体を対象に、フレームに収め続けることもできます。
時間軸とカメラワーク Mavic Air 2は、ハイパーラプスの8K撮影に対応。
時間が圧縮され、空間を移動していく不思議な映像を収めることができます。
さらに、撮影後の複雑な後処理作業は不要です。
フリー/サークル/コースロック/ウェイポイントからモードを一つ選び、撮影場所を選択すれば、残りの作業はDJI Flyアプリが行います。
[2] 自由度は限りなく OcuSync 2.0は最大10 kmの動画伝送距離を達成し、1080p FHD解像度の映像をドローンカメラから直接ライブ配信できます。
自由度の高い飛行とさらにクリアな映像で、完璧なショットを捉えましょう。
[3] 安定した信号で、飛行をスムーズに Mavic Air 2は、2.4/5.8GHzデュアル周波数帯通信に対応。
リアルタイムで干渉が少ないチャンネルに自動で切り替わります。
[4] これにより、厳しい環境でも機体の対干渉性が大幅に向上し、より安全な飛行が可能になります。
飛行時間はさらに長く 最大34分のバッテリー駆動時間により、理想の瞬間を捉えるまで、飛行を続けられます。
また、スポーツモードでは最大68 km/hの高速飛行で、躍動感のある映像を撮影できます。
[5] APAS 3.0 高度操縦支援システム(APAS) 3.0[6]は、高度なマッピング技術を利用して、複雑なシナリオの中で円滑な飛行と確実な障害物回避を実現。
障害物回避の性能と自動飛行計画は、前世代のバージョンに比べ大幅に改善されているため、安全性が向上し、より多様な飛行が可能になっています。
パイロット向け設計 新設計の送信機は、バッテリー駆動時間が240分[7]と大幅に長くなり、人間工学的なデザインでグリップが持ちやすくなりました。
新しいクランプはスマートフォンをすばやく簡単に装着でき、アンテナが統合され、使いやすさが劇的に向上しています。
オプションで、最適な撮影を Mavic Air 2には、2種類のNDフィルターセットがあり、これらを使用して露出を調整すると、よりクリエイティブな選択性が生まれます。
ND 16/64/256セットは、シャッター速度を調整する時や極端な照明条件下での使用に適し、一方、ND 4/8/32セットは、ISO感度が低い状態でも鮮明で明るい映像撮影を可能にします。
[8] 1.スマートフォトモードで撮影した写真解像度は12 MPになります。
2.8K解像度はフリーモードとコースロックモードにのみ対応しており、近日リリース予定のファームウェア更新後に、ご利用可能となります。
3.障害物や電波干渉がなく、FCCに準拠している場合。
(日本国内では、最大6 km) 最大飛行距離の仕様は、無線の接続強度とレジリエンス(復元力)を踏まえた概測になります。
必ず現地の法律および規制に従い、許可がない限り、常にご自身が目視可能な場所でドローンを飛行させてください。
4.国や地域によっては、現地の規制により5.8GHz伝送はご利用になれません。
(日本国内では2.4GHzのみ利用可) 5.無風環境下で、速度5.1 m/s、角度9°で測定した飛行時間です。
6.APAS 3.0やフォーカストラックは、4K/60fps、4K/50fps、4K/48fps、2.7K/60fps、2.7K/50fps、2.7K/48fps、1080p/120fps、1080p/240fpsの動画撮影では利用できません。
7.バッテリー駆動時間は、電波干渉のない環境で、Androidスマートフォンを使用して測定。
8.ND 16/64/256フィルターセットは、Fly Moreコンボに含まれます。
ND 4/8/32フィルターセットは別売りです。
スペック重量570 gサイズ折りたたんだ状態:
 180×97×84 mm(長さ×幅×高さ) 展開時:
 183×253×77 mm(長さ×幅×高さ)対角寸法302 mm最大飛行時間(無風時)34分最大ホバリング時間(無風時)33分最大飛行距離18.5 km内部ストレージ8 GB容量3500 mAh電圧11.55 V最大充電電圧13.2 VバッテリータイプLiPo 3S電力量40.42 Wh重量198 g充電温度範囲5℃ 〜 40℃ 最大充電電力38 W
この商品の楽天ページへ移動する